ビストロ&バル ラポールで立川の街を一望

ビストロ&バル ラポールがある立川の街並み

立川の街ってどの様な街並みなのでしょうか?テレビの撮影や季節の変わり目などでよく取り上げられてる昭和記念公園が有名です。立川はたった公園だけなの?と思う方もいるかと思いますがもっと立川には紹介したいことがいっぱいありますよ!まず立川駅について、JR中央本線・南武線・青梅線が乗り入れ、多摩地区最大の乗車人員数の立川駅と、多摩地区を南北に結ぶ多摩都市モノレール線の立川北駅・立川南駅があり、400万人の人口を有する東京三多摩地区の中心都市。立川はターミナル駅でもあるので人の行き交いが盛んです!中央線で新宿まで最短32分、東京までは最短49分と都心部へのアクセスは抜群。南武線で川崎方面へのアクセスもしやすく便利です。そして多摩モノレールが開通したことで、多摩地区における南北の移動が容易になった。立川を中心に上下左右と移動できることができます。この様なターミナル駅なので駅前のショッピングスポットも充実しています、ほぼすべての買い物ができるので都内に出なくてもほとんど欲しいものは買えます。必要なものがコンパクトにそろっていて便利という意見もありました。ちなみに、よく利用する施設は1位 立川ビックカメラ、2位ルミネ、3位グランデュオという結果でした。
夜景

賑やかな街だからバルが大人気!!

さて、今度はグルメのお話をさせていただきます。当店の名前でもあるバルですが皆さんどういう意味か知っていますか?最近グルメ雑誌や特集でもちょくちょくバルという名前を聞くようになったバルですが意味は「スペイン風居酒屋」のことを指すみたいです。もっと詳しく調べてみるとバルは英語でバースペイン語でバルと言うみたいです、全く意味は同じみたいです、スペイン語がかなり深い意味を持っているのですね!バーとバルだと正直お店の雰囲気も全く違います。ようはどこの国をメインとしているのかが重要なんでしょう!バルとは本場スペインでは一晩に何軒もはしごをして楽しむのが主流で、そのフランクなスタイルが日本でも、仕事帰りに気軽に寄れると大好評です。また、カウンターが中心の小さな店も多く、自然にお客さん同士で話ができるような、雰囲気も人気です。これはまさに、本場スペインのバルらしい楽しみ方だといえるでしょう。日本流で表すと立ち飲み居酒屋をおしゃれに欧州風にした感じなんでしょうか!??

ビストロ&バル ラポールのこだわり

バルの意味を少し紹介しましたがいかがでしたでしょうか?当店立川ビストロ&バル ラポールはバルのような雰囲気で気軽にスペイン料理やお酒を楽しめて、ビストロのように本格的なイタリアン・フレンチも味わえる立川のお店です。今住みやすい街として人気の立川の勢いに負けじと日々努力しています♪当店のこだわりはバルでありながらワインバーに負けないほどのワインの種類です。「正直ちょっとワインは詳しくない・・・」という方も安心です、初めてワインを飲む方にもおすすめの1本をご案内しますし、大切な日に合わせての1本もご案内します!お気軽にお問い合わください!サプライズパーティーや演出などもスタッフ総出でお手伝いさせていただきますよ☆お料理で苦手なものでも相談していただければ全て対応します。大事な人との忘れられない思い出つくりや、パーティー・結婚式の二次会などぜひ立川でお探しなら当店ビストロ&バル ラポールまでお越しください☆
IMG_1048

カテゴリー: バル, ビストロ, 店舗紹介

ぐるなび掲載情報

立川 ビストロ&バル ラポール
立川 ビストロ&バル ラポール
[夜景テラス・完全個室・デート]
地図を見る地図を見る
友だち追加数

LINK

------------------------------------- ------------------------------------- ------------------------------------- -------------------------------------