バルが人気で観光名所も多い浅草を知ろう

バルの人気エリア浅草の下町文化

バルが人気の浅草といえば東京で随一の観光名所でもあります。江戸を思わせるような風情で下町の顔として人気の浅草。浅草は、国内以外にも海外からの観光客もたくさん訪れていつでも活気のある街。浅草といえば有名なのが「浅草寺」628年に建てられて現在で隅田川(昔は宮戸川)で漁師をしていた檜前浜成、竹成と言う兄弟が仏像を網で引き上げ、これがのちに浅草寺の聖観音となり自宅を寺に改めた事が浅草寺の始まりと言われています。雷門をくぐって仲見世通り抜けていき宝蔵門に本堂と浅草の歴史を知ってから歩いてみるといつもと違う浅草の街の風景が見つかるかもしれません。
そして今では東京でも有数の繁華街でもあります。1603年に江戸幕府が開かれ浅草の一帯はどんどん発展していって現在の蔵前(昔は浅草御蔵)に米蔵が作られて米の仲介人の札差が誕生し両国周辺は商店が増えていき浅草一帯にも人や物がたくさん集まる街になりました。その後の関東大震災や第2次世界大戦で大きな被害を受けましたが復興を遂げて江戸の風情と下町情緒を残す街として浅草は今もなお変わらずに賑わい続けています。
今ではこの東京の下町にも超高層のランドマークとしてスカイツリーもたちましたが昔の江戸の商人たちからすれば浅草にこんな大きな建物が建つなんて想像もできなかったでしょうね(^_^)

浅草の交通アクセスやバル街とは

浅草の歴史についてお話しましたが、交通アクセスは現在どのようになっているでしょう?浅草駅には東京メトロ銀座線やスカイツリーラインとも言われる東武伊勢崎線に都営浅草線、つくばエクスプレスが運行していて、上野駅までは5分に秋葉原駅までは12分、東京駅までは16分に銀座までは16分で着き、池袋などからはバスでもこれて、浅草までどこからも着やすいこともにアクセスの良さも浅草に人が集まりやすい一つになると思います。
過去には街バルも開催された浅草。街バルとは、もともとスペインにある気軽な飲み酒場でありながら食堂でもあるバルの感覚そのままにバルを食べ歩き飲み歩きすること。バル街ではバルマップを見ながら行きたいお店を自由に周り各バルで美味しい料理とお酒が楽しめます。行ってみたかったバルやいつもはできない新規開拓をしてみたりちょっとしたお祭り気分で楽しめるバル街イベント。バルマップを持って歩いている人はバル街の参加者なのでお店の情報交換などもできてそんな会話も楽しいのも魅力的。浅草の街バル開催は終わってしまいましたが街バルで検索すると色々な街バル情報が出てくるので、その街のことを知りたい時にもいろんなバルに行って見たい時にも街バルはオススメ♪いろんな街の街バルに参加して見てはいかがでしょうか?(^_^)

下町浅草でもバルが人気のワケとは

街バルも開催された浅草。人が集まりやすいバルが人気でバルの数も多いです。ワインが自慢のワインバルや肉バル、スペイン料理メインだけど和食メニューもある個性的なバルなど、下町でありながらも低コストで気軽に入れてカジュアルに楽しめるバルが人気。下町浅草で老舗店などのグルメを楽しむのもいいけど自分好みのおしゃれなバルも探してみてください♪
浅草のバルについて見てきましたが、最後に立川にある当店についてご紹介していきます。当店ビストロ&バル ラポールはイタリアンやフレンチを始めとした欧州料理が楽しめるバルになっています☆
低温調理でじっくりと焼き上げて柔らかくジューシーに宮崎県産のブランド黒豚、霧島黒豚を贅沢に使った一品【じっくり焼き上げた霧島黒豚の肩ロースのグリエ】や、
綺麗なピンク色で柔らかい身が特徴の美桜鶏を数種類のハーブでつ漬け込んで仕上げて女性にも大人気の【美桜鶏もも肉のハーブロースト】などこの他にもたくさんのお肉メニューや新鮮な鮮魚を使ったメニュー、パスタや前菜やサラダやデザートなど当店のシェフがこだわり考えたメニューがたくさんあります。ワインも60種類以上常備してありますのでお料理にあったワインもきっと見つかると思います(^_^)分からないことがありましたらお気軽に当店スタッフまでお問い合わせお問い合わせ、ご相談ください☆

カテゴリー: バル, 情報

ぐるなび掲載情報

立川 ビストロ&バル ラポール
立川 ビストロ&バル ラポール
[夜景テラス・完全個室・デート]
地図を見る地図を見る
友だち追加数

LINK

------------------------------------- ------------------------------------- ------------------------------------- -------------------------------------