最近よく聞くビストロとはどんな意味

ビストロという言葉はどんな意味か探ってみよう

日本でここ数年とても増えてきたビストロ店ですが、突然増えてきたのにイマイチどんなジャンルのお店でどんな意味なのだろう?と思ってる方も多くいると思われますのでビストロの意味について探ってみたいと思います。
『ビストロ』とは元々フランス語から『気軽に入れる小さな料理店』という意味と言われていますが
比較的まだ新しくできた言葉と言われていて絶対的な意味は固定されてる使いわけでなく使い方も多様されていると言われていて、元々フランスで夫婦が営んでいた小さな郷土料理屋を気楽に食べたり飲んだりしにやってきて、温かみのある店で気の合う仲間たちとカウンターでワイン一杯をひっかけてたわいもない話をしながら料理を楽しむ和みの場を指すという意味で使われるようになったとも言われています。
日本でビストロレストランが増えてきた理由としては、
フレンチレストランとゆうと高級感があり気軽には行けない雰囲気のお店ですが、ビストロ店は気軽に入れる料理屋とゆう意味では庶民的で誰でも利用出来るお店として人気が出てきたのが理由の一つでもあります。ドレスコードもなく、子供の年齢制限も特にないお店が多いのでフレンチレストランの敷居がぐっと下がった感じで親しみやすいイメージですね。

ビストロ以外のお店の呼称や意味も調べてみよう

フランスの美食の街とも言われるパリはビストロの発祥地でもあることから多くのビストロ店があります。
フランスの昼はランチタイムが長いと言われていてどこのお店も昼時に多くの人が集まっていて、また夜になるとお酒を飲みに来る人が多く集まっていて一日中賑わっています。
そしてフランスではビストロの他にも飲食店の様々な呼称があり意味があります。
「ビストロ」は、先ほども説明したように、一般的に気軽に入れるような飲食店とゆう意味、
「グランドメゾン」は高級でドレスコードを必要とされるようなな飲食店の意味で
「ブラッセリー」はしっかりした食事の他にも軽食やお酒も楽しめてややカジュアルめな飲食店という意味があります。
と、ビストロとブラッセリーは意味的には似た感じですがビストロは小さく気軽に入れるようなカフェレストラン、ブラッセリーはそれより大きめなカフェレストランとゆう意味があるのでフランスの地を訪れる際には覚えておくと便利かもしれませんね☆
フランスを訪れる時には本場のフランス料理を味わってみたいけどしっかりしたレストランだと敷居が高そうだったりドレスコードに気を使ったり何よりレストランですとお値段がすごく気になりますよね。。
そんな時にはビストロに行くことをお勧めします。レストランよりもカジュアルであって気軽に本場フランスの味、そして地方料理や家庭的な料理が味わえるのもビストロのいいところです☆

意味を理解して更に美味しくビストロを

ビストロの意味などについてお話ししてきましたが当店ビストロ&ラポールもビストロの意味にちなんでとても親しみやすいお店になっています。そんな当店の人気のオススメメニューについて紹介したいと思います☆
当店では野菜は農家から、旬の素材を毎日築地から仕入れをしたりと食材選びからこだわっており日々メニューの内容も考えています。
厳選牛ハラミをイギリスの塩を使ってシンプルに調理したビストロ定番の「がっつり牛ハラミステーキ」や、
宮城県産のブランド黒豚”霧島黒豚”を贅沢に使い低温で時間をかけじっくり焼いて驚くほどジューシーで柔らかな「じっくり焼き上げた“霧島黒豚” 肩ロースのグリエ」は当店の大人気のオススメの肉料理です。当店にお越しの際は是非味わってみてください☆
和牛ハラミのタリアータ
0006059908F3_740x555y
他にもお酒の種類も他店には負けないくらい取り揃えていて、特にワインは当店のワインソムリエが厳選した銘柄をご用意してありますので料理にあったワインをお楽しみいただけます☆
028
JR立川駅から徒歩1分と駅前にあるビストロ&バル ラポールでビストロの意味を知ってからこそ是非お気軽にお越しいただき更におしゃれな空間、料理で楽しい時間をお過ごし下さい(*^^*)☆

カテゴリー: ビストロ, 情報

ぐるなび掲載情報

立川 ビストロ&バル ラポール
立川 ビストロ&バル ラポール
[夜景テラス・完全個室・デート]
地図を見る地図を見る
友だち追加数

LINK

------------------------------------- ------------------------------------- ------------------------------------- -------------------------------------