ビストロにはどんなレシピがあるのでしょう?

ビストロブームはどのようにして起こったのか?

イタリアン・フレンチ料理は人気の料理です、この料理を食べに行くとなるとイタリアン・フレンチレストランに行くのが主流だと思います、しかし高級店が多いことから毎回行くのって大変ですよね!そこでもっとカジュアルに気軽にいけるという点でビストロは大人気なのです!
そもそもビストロは家庭的な小さめのお店、といった印象を受けますが、実際のところお店によってはレストランとあまり変わらなかったり、バーの延長のような感じであったり、定義づけがちょっと微妙なところです。色々な目的を持ったビストロが複数存在します。
ワインの種類も、ワインバル・ワインバーといったお店に匹敵するほど最近のビストロは種類も豊富でワインに詳しい人も在中していることもあります。
IMG_1043
ここ最近の日本のビストロ進化はすごい変化を遂げています。もともとビストロとは、カウンターでワインを一杯やりながら待ち合わせしたり仲間と喋ったりする、とても庶民的な一杯飲み屋でした。なので食事をする場所というよりは日本で言う昔の居酒屋的な存在だったようです。パリなどでは気軽に集まれる集いの場のイメージでしょうか?
ビストロの定番レシピと言えば、朝はクロワッサンやトーストとコーヒー、昼はクロックムッシュやサンドイッチ程度。夜はそれこそ食べ物はなく、おつまみのピーナッツぐらい、というのが、昔のビストロのスタイルです。どちらかというとカフェやバーに近いかも知れません。あまりビストロでは本格的な料理のレシピはなかったのですね・・・。

日本の進化を遂げてるビストロ!レシピは?

では、イタリアン・フレンチレストランに匹敵するほどの料理が多い日本のビストロのレシピを見てきましょう!
定番中の定番ビストロレシピといえば「野菜スープ」けっこうご家庭でも作ってる方も多いのでは?ビストロレシピの基本です♪

そして「テリーヌ」もビストロレシピの王道です、つぶして調味した魚・肉・野菜などを陶製の器に入れ、天火で蒸し焼きにした料理です。冷まして薄切りにし、前菜に用いられることが多いです、パンにこのテリーヌをつけて食べるのが一般的ですね!

「タルタルステーキ」レア・生のお肉を食べるならこのレシピ!生の牛肉を細かくたたいたもの(挽肉ではありません)。エシャロットやハーブ、ケッパー等をお好みで混ぜて食べます。付け合せはフライドポテトが定番です!あまり生肉を食べるのは海外では人気ではないですが、このレシピはだけは昔から愛されているビストロならではのレシピ!

「ラザニア」も定番ビストロレシピです、ちょっと前にブームが起こったほど!長方形のパスタがちょっと珍しくてそれにかかっているミートソースの層が美味しいですよね!とこの様に結構ビストロレシピには日本でもおなじみのものが多く、人気ですね!

立川ビストロ&バル ラポールこだわりレシピ

当店ビストロ&バルラポールは、本場イタリアン・フレンチ料理に負けない、こだわりのレシピをご用意しております。
0006059908F3_740x555y
絶対に食べてもらいたいレシピは「じっくり焼き上げた“霧島黒豚” 肩ロースのグリエ」です、宮城県産のブランド黒豚”霧島黒豚”を贅沢に使い、お肉そのものの細胞を壊さないようにじっくり焼き上げた低温調理は当店シェフの絶妙の火加減がポイントです!
驚くほどジューシーでほっぺが落ちます☆他にもグルメ通をうならせる絶品料理あります☆ぜひ 立川でイタリアン・フレンチ料理を!と思ったら当店「ビストロ&バル ラポール」までお越しください♪

カテゴリー: ビストロ, 情報

ぐるなび掲載情報

立川 ビストロ&バル ラポール
立川 ビストロ&バル ラポール
[夜景テラス・完全個室・デート]
地図を見る地図を見る
友だち追加数

LINK

------------------------------------- ------------------------------------- ------------------------------------- -------------------------------------