日本で大ブームのビストロとメニューは

本場のビストロメニューや意味は

最近とても増えているビストロ店、見た事ある!って方や、聞いた事ある!って方、行った事あるって方もいると思います。
ビストロが今ブームになっていると言われていますがそもそもビストロとはどういった意味があるのでしょうか?最近のお店にはレストラン、ビストロ、ブラッスリー、など様々な呼び名がありそれぞれの違いやどんな意味なのかいまいち分からないですよね。
ビストロという言葉は元はフランスで生まれた言葉と言われていて、
日本でいう「レストラン」もフランスでは少し意味合いが違くフランスで「レストラン」と言えば子供の年齢制限を設けていたりドレスコードがあるところが多くやや高級な料理店といった場所を指します。
「ブラッスリー」は、もビールなどのお酒が飲めて軽い食事ができる場所と言われビストロほどのメニューやお酒の種類はないですがお酒に簡単な食事と楽しめる場所です。
そして「ビストロ」は、大衆食堂や居酒屋という意味がありますが家族連れの夕食にも適している場所です。にぎやかな雰囲気の店が多く値段も高額でなくドレスコードも特になくてカジュアルな服装でも大丈夫で気軽に料理が楽しる場所です。
フランス料理を楽しみたい時に庶民派でリーズナブルな価格で味わえるなんてビストロって最高ですね☆

パリビストロの定番メニューを紹介

ビストロの意味を知ったところで次は本場パリのビストロの定番メニューはどんなものがあるのか調べてみました。
ビストロはフランスの庶民の味で家庭的な味を楽しみたいものです。
色んな野菜が入ったトロッとした濃厚の野菜スープや、ワインを飲む人にオススメなのがシャルキュトリーとゆう基本的にハムなど豚肉加工品で、パテは日本でもおなじみのもの、パンが進むのでついつい食べ過ぎちゃいます。
ニシンのフィレにジャガイモが添えられたニシンのマリネはビストロ定番の前菜になっています。
そして肉料理でバヴェットステーキとゆうステーキの一種でグリーンペッパーソースで食べ、他にもオングレのエシャロットソースもステーキソースの定番になっています。
タルタルステーキはひき肉とは異なり生の牛肉を細かくたたいた欧州伝統の生肉料理となっていてビジュアル的には日本のユッケによく似ています。付け合せはフライドポテトが定番になっています。
バスク地方の郷土料理、鶏のバスク風はトマトベースの鶏の煮込みは日本人にも親しみやすい味になっています。
ビストロによってメニューは様々と言われますがこのあたりが定番メニューとなっているようです。本場のビストロメニューも一度は味わってみたいですね(^_^)☆

本場にも劣らない当店のビストロメニュー

日本のビストロではどのようなメニューが人気なのでしょうか?本場の定番メニューをベースに日本人向けにアレンジされたメニューがどの店舗もありランチもやっているお店も多く昼と夜のメニューがガラッと変わったりしています。
当店ビストロ&バル ラポールの人気のメニューも見ていきましょう☆
黒豚の中の黒豚と呼ばれている宮城県産のブランド【黒豚”霧島黒豚”】を贅沢に使っている”じっくり焼き上げた霧島黒豚肩ロースのグリエ”は、低温で時間をかけじっくりと焼いて柔らくジューシーでほっぺが落ちてしまいそうな美味しさです!
0006059908F3_740x555y
ビストロ定番のステーキメニュー、”がっつり牛ハラミステーキ”は厳選牛ハラミをイギリスの塩を使ってシンプルに仕上げているので最大限に素材の味を堪能できます。
和牛ハラミのタリアータ
”本日のスパゲッティ”はその日の厳選食材を使ったお勧めパスタです。
0006059908F29_740x555y
獲れたての鮮魚で調理する”本日の鮮魚のカルパッチョ”はこだわりのシチリア産の塩、オリーブオイルにケッカソースで新鮮なお魚をお召し上がりください。
foodpic6552006
当店自慢のメニューはこの他にもたくさんあり、シェフが厳選した食材を全て一つ一つ、丁寧に調理しており食材にあった調理方法で作っている一品をぜひ当店ビストロでご堪能ください(^_^)v

カテゴリー: ビストロ, 情報

ぐるなび掲載情報

立川 ビストロ&バル ラポール
立川 ビストロ&バル ラポール
[夜景テラス・完全個室・デート]
地図を見る地図を見る
友だち追加数

LINK

------------------------------------- ------------------------------------- ------------------------------------- -------------------------------------